Panda Noir

JavaScript の限界を究めるブログです。

Macが5分経っても起動しない時

歯車がぐるぐる回ってかれこれ5分は経ったという人向けの記事です。 (注意: この方法で100%上手くいくとは限りません)

まず初めに

この記事はとりあえず最後まで読んでください。読みながら手順を行うと失敗しやすいです。

強制シャットダウンします

まずはそのグルグルしてるMacの電源ボタン長押しして強制シャットダウンしてください。ファンがブンブン回ってる場合冷めるまで置いておくといいと思います。まあファン回りっぱなしでも多分大丈夫です。

セーフブートします

まず電源ボタンを押してください。そしたら、「ジャーン」という起動音がなりますね?そしたら「ジャーン」の直後にShiftキーを押し始めてください。歯車が出るまで押しておいてください。出たら離してOKです。

音消していて「ジャーン」が聞こえない人は電源ボタン押して1秒くらいしてこれくらいというタイミングでshift押し始めてください。

さて、セーフブートのポイントはここからです。セーフブートは通常とは異なる起動方法です。しかも故障したMacです。かなり、かなり時間がかかります。30分は最低でもかかります。

「5分経ったぞ?これはまずいんじゃないか?」と言って強制シャットダウンしないでください(1日経ってもログイン画面が出ないなら流石に強制シャットダウンしてください)。

気長に待つのがポイントです。

通常のログイン画面が出たら成功です(ツールバーにセーフブートと出てるはずです)。

OnyXを使います

…もしかしたらこれいらないかもしれません。まあ、セーフブートはメンテナンス用にも使われてますし、ついでにMacの掃除すると思えば無駄ではないです。

OnyXを使い気の済むまでクリーンします。アクセス権回復したりデータベース再構築もしておきます。

再起動

最後に、再起動してください。再起動はセーフブートではなく通常の起動になります。これでログイン画面にまで進めばOKです。お疲れ様でした。