Panda Noir

JavaScript の限界を究めるブログです。

逆ポーランド記法の利便性

逆ポーランド記法という計算式の書き方が便利だったので紹介を

逆ポーランド記法とは

逆ポーランド記法とは、後に演算子を書くという計算式の記法です。つまり、1+2なら1 2 +となります。

これだけだとかえって不便なようですが、プログラムとは相性がいいのです。

プログラムと逆ポーランド記法

逆ポーランド記法の利便性を示す式がこれです。 (1+2)*3 これが 1 2 + 3 * こうなります。

そうです。かっこが消えます。これが最大のメリットでしょう(他にも前から順次スタックして、演算子が出てきたらポップという単純な方法で計算ができるなどあります)。

かっこが消えるということは、1、2、3と演算子でできる計算すべてを1,2,3,+,-,*,/の(演算子のみ)重複組み合わせとみれます。

逆ポーランド記法応用編

ここまでのことを応用すると、テンパズルが解けます。テンパズルとは、4つの数字と四則演算で10を作るパズルのことです。

与えられた4つの数字と+-*/の組み合わせすべてを順次逆ポーランド記法の式と見ることで計算できます。

終わりに

逆ポーランド記法、なかなか便利な記法です。ぜひとも習得したい技術ですね