Panda Noir

JavaScript の限界を究めるブログです。

サイト高速化のための4つの方法

サイト高速化というのは、その名の通りサイトの表示速度やスクリプト実行速度を上げることです。 やる前とやった後では本当にまったく違います。 もう数値ではなく、体感できます。 まず、1つ目です。 1つ目は、JavascriptCSSの圧縮です。 JavascriptClosure CompilerCSSCSS Compressorで圧縮をかけます。 Javascriptの実行速度のあげ方は、とても書ききれないので検索してください。 この段階で、すでに何KBも落ちます。 2つ目に.htaccess で gzip 圧縮を行うを参考にgzip圧縮をかけます。 gzip圧縮の詳しい方法はgzip圧縮のやり方 1/2に書いてあります。 ていうか、gzipかけるだけだいぶ削れるので時間のない人は1つ目を飛ばしてもいいと思います。 もちろん1つ目をやっておいて損はないです。 3つ目に、PunyPNGJPEGMiniを使い画像を圧縮、CSS Spriteで1つにまとめます。 意外と画像も圧縮できます。また、1つにまとめることによりリクエスト回数を減らし転送速度もあがります。 最後に、PageSpeedを使います。最後にここで書いてあることを実行します。 全部やると、数KBから数十KB削れると思います。 本当に実際に感じれるほど変わるのでやってみてください。