Panda Noir

JavaScript の限界を究めるブログです。

時間電卓を見直したら大変なことがわかりました

時間電卓を見直してみたら、1KBもコードが減りました。

何が悪かったかというと、

if(ほにゃらら){

a="xxx"

}else if(ほにゃらら){

a="yyy"

}else…というのがとても多かったことや、

(ほにゃらら ? a="xxx":と三項演算子に直せます)

result = 0;

d.form.result.value = result;

などという長々したコード(resultはここで代入しなくとも問題のないものでした)を書いていたことでした。

これ、短くすると$("#result").val(0)にまで縮まるんです。同様に

before *= 10;

before += type;

d.form.before.value = before;

は$("#before").val(before*10+type)になります。本当にここまでだらだらと書いていた私はなんだったのでしょう?

もう2度とこんな惨劇を招かないように気をつけたいと思います。