Panda Noir

JavaScript の限界を究めるブログです。

Fizz Buzzを取り組んでみて感想

Fizz Buzz問題といえば世界のナベアツさんですよね。 あれを剰余なしでといてみた感想です。 あれを剰余なしでまず思いついたのが、
  1. まず1の桁だけにばらしてその数をaに代入
  2. 次に各桁の和をだしてbに代入(bが一桁になるまで繰り返す)
  3. 最後にaが5 or 0、bが3 or 6 or 9を確かめる。
これだったんです。 実装したらめちゃくちゃ長くなってしまいました。 これで正解だと思っていたら、U Blogさんがもっと短く簡潔な(しかも完璧)コードを書いてました。 forを完全にfor(i=0;(なんとか);i++)で使っていてfor(i=0;(なんとか);i+=3)とかできるの忘れてました。 これ、いままでのコードの中でもいかせるのではないかと反省しています。 いままではあまり競技プログラミングしたことなかったです。 これからは競技プログラミングも経験してみたいと思いました。